VISIONヨコタのビジョン

FOR JAPAN 社会のため FOR THE DREAM 夢実現のため

日本において、社会保障問題や
少子化による労働力の低下など
多くの課題を抱え混とんとしています。
現在日本の借金は1,000兆円を超えるとされ、
この負担は次世代へと
引き継がれていくことでしょう。
とするならば、
今日本にはより強い経済力が必要であり、
中小零細も大企業も一丸となって
真剣に立ち向かう時期であると考えます。
そのために私たちは誠実に全力を尽くし、
事業を拡大していくことで、
少しでも日本再生に向けて
お役に立てればと考えております。

製造業をトータルにサポートする
株式会社ヨコタエンタープライズ

派遣から自社ブランド化へ

創業当時、「ビジネスは派遣から始めればリスクが低い」という認識でビジネスモデルを描きました。
トラックドライバーの派遣事業で起業し、金融機関の融資により一般貨物自動車運送業を立ち上げて、現在では全国に7拠点、大型トラックを中心に250台を有するまでに成長しました。そして今後物流センターを立ち上げていくことで総合物流事業へと更なる進化を遂げようとしています。
一方、製造業へのエンジニア派遣から始まった労働者派遣業は、技術者のみならず生産管理や製造スタッフ派遣までその事業領域を広げています。
また、ヨコタのルーツである建築事業においても、一級建築士の派遣事業により一級建築士事務所を立ち上げ、次に特定建設業の許可を取得することで総合建設業へと進化の道を歩んでいます。

その結果として、ヨコタエンタープライズはやがて「製造業をトータルでサポートする」複合企業体へと進化していきます。
用地買収から工場、物流センターの設計・施工。生産技術や開発技術など各分野のエンジニアや製造スタッフ、構内物流、トラック輸送、解体から用地売却に至るまで、ヨコタエンタープライズは製造業を一気通貫でサポートできる事業体制を創り上げてまいります。

事業拡大

※左:アウトソーシング事業部長 村瀬
右:物流事業部長 加藤

社員の生活水準は、中小企業より大企業の方が絶対的に高い。規模が大きければ大きいほど資金力も大きくなり、結果ビジネスチャンスも増大する。そして既存事業に専念することで利益と信用を生み、新たなステージを創造するチャンスを待つ。

例えば、世界で最も高齢化が進む日本では労働人口が不足しており、労働生産性の向上は急務ですが、AIやIoTの分野においては日本が一番になるべき分野で、そういった意味でもシステムエンジニアの採用・育成に積極的に取り組み、それらの技術を活かして農業分野やエネルギー分野などに事業を拡大し、さまざまな成長事業を持つ複合企業体として進化していきたいと考えています。

また、ここまでのヨコタエンタープライズの成長を支えた要因は、ズバリ『人財獲得力』です。
それは現在の主力である物流事業やアウトソーシング事業においても、また建築事業においても当社の最大の経営資源は”人”(=人財)であり、その優れた人材を獲得してこられたことが当社の最大の強みでもあります。
今後は”人”だけではなく、技術やノウハウを持った集団(企業など)とのコラボレーションやタイアップも積極的に行い、更なる事業発展につなげていく考えです。

Page Top